落とし穴

全身に出来るアンチエイジング

実はエステやスキンケアだけがアンチエイジングではないという事はご存知ですか。
肌だけではなく体の内側からアプローチするアンチエイジング方法が話題になっています。
その秘密は体のある部分が関係していると言われています。

一つ目は腸です。
これは腸が消化器官としての役割に加え、体の内側から肌の美しさを整える作用があると言われています。
これは腸内の善玉菌の働きに由来しているものであり、この善玉菌が美しい肌を作る栄養素を作り出していると言われています。
よく便秘になると肌が荒れるといわれるように、腸内環境の働きによって肌は大きく左右されます。
そして第二に口です。
口内は食べ物を摂取して取り込むという重要な役割を果たしており、口内の老化が実際の老化と比例するとも言われるくらい重要な場所です。
たとえば歯には口の中に入れたものをすりつぶし栄養素を吸収しやすくする役割があり、歯が衰えるとその効果ももちろん半減します。

このように二つの器官は重要な役割を持ちアンチエイジングのカギとも言えることはお分かり頂けましたでしょうか。
腸内環境を整える為には積極的に乳酸菌が含まれた食品を摂る事が推奨されますし、口の中をしっかりケアするためには正しい歯磨きを心得ることや定期的に歯科医に通う事もオススメします。


このページの先頭へ