落とし穴

アンチエイジングと病院の関係

テレビや雑誌で特集が組まれるように私たちの生活の中でアンチエイジングという言葉は広く定着してきました。
アンチエイジングというと、エステやスキンケア、日々の食生活と連想される方も多いですが、現在アンチエイジング外来と呼ばれるクリニックでの診察、施術も注目を浴び始めています。

これはクリニックによっても異なるのですが、その多くが体の内側から診察をして医学面からアプローチしていくというものです。
例えば、骨密度や筋肉量、内臓脂肪を測定し、骨粗鬆症を未然に予防したり、筋肉量や内臓脂肪を改善することでしわやたるみを抑えたり、ホルモンバランスに着目し更年期障害の治療をしたりと多岐にわたります。
このように美容外科とは異なる部分があります。

もちろん、体の表面的な部分ではなく内側からアプローチができる点では効果を持続させたり、老化現象を予防できたりというのが魅力の一つでもあります。
ご自身でアンチエイジングを試みてみたけど長続きしない、体内年齢から改善をしていきたいという方にはオススメのサービスであると言われています。
前述したようにクリニックによってはサービスも異なるため一度お近くのクリニックで外来があるかどうか、どのような診察や施術を行ってもらえるのかという事をお調べしてみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ